ハイヤーの運転手の仕事の流れ

ハイヤーはお偉いさんが乗る黒塗りの車で、料亭などに通いつめているイメージでしょうか。

企業の社長さんや役員さんが会社に来るための車という利用をされることが多いです。
お抱え運転手はその会社に所属していますが、ハイヤーの運転手はハイヤー会社に所属しており、依頼があってお客様のところに向かいます。お客様と運転手は会社は違えど朝から夜の自宅送りまで共にする間柄なので情もわいてくるものです。

ハイヤーの運転手情報があれば全てが解決します。

相手の企業の誰よりもそのお客様のことに詳しくなっていたりします。

お客様と親しくなって、考え方や指向を把握していて、道順や目的地のことなど細かい指示をお客様がされなくても運行できることはいいことですが、情報管理はしっかり行わないといけなくなります。
会社の上の立場の動向を、その会社の社員は出世のこともあるでしょうからぜひとも知りたいものです。車内での会話のことなどをそのような社員にぽろっと話してしまうと、とても大きな信頼を無くすことになります。
守秘義務違反ということにもなり、仕事を干されてしまうこともあります。
この仕事は情報管理を徹底させることが肝心です。



朝は自宅に迎えに行き会社へ送り、夜は会食や飲みなどの後に自宅に送るのが一日の流れですので、拘束時間がとても長い仕事です。一日の睡眠時間が3〜4時間ということもあり体力的にも大変です。

長く睡眠時間が少ない日々を送ると健康にとても悪影響があるようです。



頑張って仕事をしている人ほど短命な感じですので、ほどほどに仕事をした方がいいでしょう。