ハイヤーの運転手は運転と接客の技術が必要です - ハイヤー乗務員になるためには地理試験の合格も必須

ハイヤーの運転手は運転と接客の技術が必要です

タクシーやバスの運転手として活動するためには、第二種運転免許が必要です。

ハイヤーの運転手はとても評判が良いです。

乗客を乗せて自動車を走らせる場合、高度な運転技術が求められるため、第一種運転免許では業務に携わることができません。

ハイヤーの運転手をする場合でも、乗客を乗せることになるため、第二種運転免許が必要になります。

ハイヤーの運転手をする場合、バスのように大型車を運転することはないため、必要な運転免許は普通自動車第二種免許になります。ただ、仮に普通自動車第二種免許を持っていなくても、ある程度の期間自動車を運転した経験があるなら、企業の支援を受けて、普通自動車第二種免許を取得することができます。

ただし、あまりにも運転技術がなさすぎると、ハイヤーの運転手には相応しくないと、みなされてしまいますので注意が必要です。

ハイヤーを依頼する乗客の目的は、単純な移動に終わらないことが多くあります。


観光や送迎など、様々な目的がある場合が多いので、運転手には高度な接客技術と機転が求められます。



また、外国人を相手にする場合もあるので、簡単な英会話ができると非常に便利です。また、外国人を相手にするものは、非常に待遇が良く、月収が50万円を超えることもあります。


多くの人は、移動には電車やバスを使用するので、ハイヤーに乗った経験はありません。



しかし、富裕層や観光客など、特別な体験をしたい人が多く依頼してくるので、ドライバーには運転技術だけではなく、接客技術も要求されます。